借金の過払い金とは

法改正でグレーゾーン金利が廃止され、借金の払込額の超過(過払い金)の返還請求が可能となりました。
この制度は、長期間返済を続けていた方ほど大きな恩恵を受けられます。
完済から10年以内であれば、ご自身も返還請求を行え、すでに払い終わったお金の一部が返還されます。

もちろん、現在も借金返済を続けられている方も、過払い金の返還請求を行うことで、債務残高が減少し、返済が行い易くなります。
法律に明るくない方も、弁護士や司法書士に手続きを代行してもらうことで、日常生活に支障をきたすこと無く、還付金を受け取れます。
過払い金は10年前に完済した分まで返還が有効です。
それ以前の借金は、返還されません。
迅速に手続きを開始することで、返還を認めてもらえるでしょう。

ご自身だけで過払い金の返還請求を行う場合は、指定の書類の用意や利息の再計算など、様々な手間がかかります。
一番大変なことが、どの業者からいくら借りたかを明白にすることです。
複数の会社から借金をされた方は、この手間が面倒です。
弁護士や司法書士に相談するメリットは、これらの手続きを行う手間が省けることです。

グレーゾーン金利は、消費者金融と利用者双方にメリットがありました。
業者側は、ある程度グレーな借り入れ履歴の方へ融資が出来ましたし、利用者も高い金利を我慢すれば、ヤミ金を利用せずに済んだからです。
法改正の影響で全体の借入額は減りましたが、一部の方は引き続き借り入れをされています。
今後、過払い金の返還を受けられた方が、再度多重債務者にならないよう、きちんとシステムを構築する必要があるでしょう。


[Recommend Site]
過払い金の返還請求を行う場合に法律の専門家に無料で相談出来るサイトです → 過払い金 返還請求